週末の短時間だけアルバイトをしたいなら、ホテルの結婚(正式には婚姻といい、男女が夫婦になることをいいます)式や宴会の手助けの仕事があります。ブライダルスタッフやコンパニオンと呼ばれるアルバイトだからといって、ブライダルスタッフの場合ですと結婚(婚活なんていう言葉も一般的に使われるようになってきました。昔の仲人おねさんみたいな人がいない分、自分から積極的に動かないとなかなか相手が見つけられない事も多いでしょう)式は週末に行なわれる事が多いので土日に働けることが前提で応募していることが殆どです。忙しくなる土日のみのスタッフをアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)で募集していることがあります。

ブライダルスタッフの仕事は、料理の配膳をしたり、結婚(人生の墓場という人もいれね、できてやっと一人前という人もいますね)披露宴の会場準備、片付け、ドリンクサービスなどが主な内容だからって、会場の様子を見ながら機敏に動ける人を求めているものです。

結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)式と言う晴れ舞台に携わる仕事ですから、不快な思いを与えないように常に明るい笑顔でいることも大切です。ブライダルコーディネーター(物事を調整する人のことをこう呼びます)、着付け、メイクUPアーティスト、ネイリスト(顧客の信頼を得るためには、民間の団体が認定しているネイル資格を取得したり、海外のネイリスト資格を取得する必要があるでしょう。アメリカのマニキュアリストライセンスは国際ライセンスですし、オーストラリアならネイルの国家資格が取得できます)なんかの資格を取っておけば、将来の就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)にも役立ちます。

宴会場なんかのコンパニオンでしたら、週末だけでなく平日の夕方からの仕可能性もあります。1回の仕事は2時間程度の短時間のことが多く、時給も1000円から2000円が相場といったようにいつもより高いなのではないでしょうか。自宅から遠い温泉などの宴会場での仕事が回ることもありますので、交通費が支給されるかどうかも考慮してからアルバイトをするといいでしょう。