マンション管理士とは、比較的新しく出来た国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もあるため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)の一つです。

現在、日本には多くのマンションがあり、日々増えつつあるんです。これまでは、管理会社がマンションの管理を行ったり、大家さんが管理を行ったり、管理会社が雇った人が管理人をしたりするのが一般的でした。しかし、色んなトラブルが発生するようになり、マンション管理をする人たちに適切なアドバイスをするための国家資格が創設されました。マンション管理士の資格があれば、マンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)管理組合の運営を行ったり、管理組合や管理に関する相談を受けたり、アドバイスを行う事が出来るはずです。

つまり、管理組合側と管理会社側との仲介などを行なって、トラブルや問題を解決させる為のアドバイスを行うことができるのです。では、マンション管理士(マンション管理士の団体が多?存在していて、その団体ごとに考え方などが畭なっているそうです)の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を持っていると、どのような就職先があるでしょう。

現段階ではまだそれ程需要が多くはありませんが、不動産業界や建築業界が主な就職先となるでしょう。また、マンション管理会社やマンション管理コンサルティング会社なんかも資格が有利に働く業界です。マンション管理士(マンション管理士協会という団体も存在します)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)の利点は、独立が可能なことや年齢にかかわらず今後需要が増える見込みだということです。

今はまだ、それ程重要視されていない風潮が消えていないのです。でも、今後は、場合によるとマンション(実は和製英語なんだそうです)の管理人になるのにもマンション管理士の資格が要求されるなんかの可能性もないとはいえません。また、マンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)管理会社へは、必ずマンション管理士が必要になるという可能性もあります。
行政書士