エキストラのバイトの拘束時間

所定した拘束時間ではないのがエキストラの内職です。エキストラのバイトの報酬は1回の仕事ごとに発生するものです。短時間で仕事が終ることもあれば、延々と撮影に時間がかかって長く拘束されることもあります。

早くおわるときは3時間ということもあるでしょう。けれどエキストラの内職の拘束時間はほとんとが待機している時間です。実際撮影にかかる時間はそれほど長くないのです。本などを持っていって時間を潰せるようにしておくのも方法の一つです。そしてずっと待っていても撮影にエキストラのお呼びがかからず、出番がないままで終ることもエキストラのバイトにはまれにあるのです。

天候の問題で計画していたシーンが撮影できなかったり、エキストラを使うつもりだった計画を変更し使わないことにする時などです。計画が変更になってもお給料は一般に支払われます。さらに同じ作品にまたエキストラとして参加可能なこともあります。どちらにしても内職代は同じです。大抵5時間前後の拘束時間が1回のエキストラの内職になりますが、長いと10時間を越えることもあります。

顔がはっきりと映らなかった場合などです。同じ作品には顔がはっきる映ると呼ばれにくくなってしまいます。出番が無いほうがエキストラの内職にとっては得になるという考え方もあります。ただし、意図がバイト代ではなくその作品に少しでも映ることそのものだった場合は、少々遺憾な思いをするかもしれませんね。禁煙カウンセラー 中村幸也