試験監督のバイトの体験談

試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)監督のバイトとは、大学受験や予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)の模擬試験(模試と略して言われる事も多いですよね)、専門学校(何らかの「専門課程」を置く専修学校のことです)の入学試験(入学希望者の?が定員に満たない場合にも実施することがあるでしょう)、TOEIC(高得点=英語が話せる人という証明になる資格ではないでしょうか)などの英検や各種国家試験(国試と略され、実際に試験を実施するのは、国や地方公共団体から委託された団体です)といった試験会場で、試験監督、テストの説明、案内などの仕事をすることです。

試験監督のバイトは、時給、日給も比較的高めで、短期バイト、単発バイトとして人気があります。具体的なバイトの内容は、試験によって多少異なりますが、試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)中の監督、受験生の誘導、試験における注意事項などの説明、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)時間のアナウンス、試験用紙の配布・回収などが主です。基本としては試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)が始まる前と終了後以外することがなく、試験中は暇です。この暇な時間、多くの場合は、自由に立ったり座ったり可能になります。

しかし、教室の外に出て話をするなんてことにもはできません。カンニングなどの不正をしている受験生がいないかどうかの監督をしなければならないのですから当然だといわれているのです。この試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)中の暇に耐えることができれば、試験監督のバイトは楽なバイトと言えます。実際、試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)監督のバイトをしてる方たちの話をきいてみると、多くの人は、「試験中の時間の流れが遅いのは大変だけど、仕事内容は簡単で時給も高めのよいバイト」と感じていますよね。

「またやりたい!」とほとんどの経験者は考えるみたいですよ。自分の空いた時間に単発でできるというのも魅力的なバイトですね。なお、服装は、派手な格好は避け、スーツなど清潔な服装がGood。できれば茶髪は避けたほうがいいでしょうね。