エキストラのバイトの魅力

普段とはちょっと違った体験ができるのがエキストラのバイトです。

内職をする時は、未知の世界を覗いてみたい、今までにコネのない経験のないことをしてみたいという欲求も少なからずあるのではないでしょうか。面白そうなバイトを経験できるならば、自給はそれほど高くなくて良いという人におすすめなのがエキストラの内職です。

その他多衆、群集や通行人の役としてテレビドラマやムービーなどに出演するのがエキストラの仕事です。いってみればエキストラは背景のようなものです。しかし背景としてのエキストラがしっかりしていないと虚言っぽくなり、作品の質を落とすとにもなります。

ボランティアや内部スタッフでエキストラをまかなうこともありますが、一般的にはプロダクションの登記制、募集制の内職です。エキストラにはバラエティ番組の仕事もあります。笑い声だけの参加のものです。

エキストラのバイトは特殊なテクニックは必要ありません。ぎこちなさすぎる動きは指導されるかもしれませんが、元々未熟者なのですから気に病むことはありません。テレビやムービーの撮影のムードを味わい、芸能人を間近で目撃できる滅多にない機会として楽しめるエキストラのバイトはお給料は意図ではないのかもしれません。年齢層も幅広く、いろいろな人が登記しているのがエキストラの内職です。ということは普段知り合うことのないような幅広い人間関係が築けるかもしれません。

エキストラのバイトの体験談

ドラマや映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)のワンシーンで、交差点を行き交う人々やコンビニエンスストアで買い物をするお客さんなどが出てくる場面を繭り返し目にしたことがあると思います。あれはご存知の通り、エキストラという方達が行っているのです。

もちろん、芸能事務所に所属されている俳優さんもいらっしゃいますが、私達素人でもエキストラとしてドラマや映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)のワンシーンに登場することが可能なのです。ドラマや映画のワンシーンに登場するためには、エキストラのアルバイトに登録する必要があります。ドラマや映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)の撮影現場がどのような雰囲気なのか味わいたい方や学生や主婦の方など、自分で自由に使用できる時間が多くある方にはオススメのアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日が少ない労働者をいうようです)だと思います。

エキストラのバイトは、決められた作業をする訳でもないので、ただひたすら撮影時間まで待っているということが多いそうです。その待ち時間を埋めるために、雑誌や本、ゲームなどを持参している方も多くいらっしゃいます。もちろん、このアルバイトにはデメリットもあって、拘束時間が長いこと、何時間拘束されるか毎回わからないことがデメリットでしょう。実際にエキストラのバイトを体験したこともあるのですが、撮影現場までの交通費が自腹なことがほとんどでしょう。

あまりにも遠い場所だと、交通費だけでその日のアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)代が消えてしまうなんてこともあります。普通のアルバイトと違って、普段は見ることのできない芸能人などを間近で見ることができるのは魅力なのです。でも、拘束時間と日給が見合わないアルバイトであることは間違いありません。