フリーラインスケートは楽天でも人気です

フリーラインスケートは楽天でもかなりの人気みたいです。一見とても難しそうですが、コツをつかむとスイスイ楽に乗ることが出来るのが人気の秘密です。

動画サイトで足の動かし方を覚えてしまうと進んだり回転したり、楽に動けます。フリーラインスケートで緩やかな坂道を上り、練習をするのも楽しいですね。

フリーラインスケートは実際楽天だけでなく、他の通販でも人気上昇中でショップも増えています。そのためスケートの種類も増えてきています。価格も5000円程度から20000円程度が売れセンで財布にもやさしいですね。

とりあえず楽天のフリーラインスケートの人気ランキングを紹介しますので参考にしてみて下さい。

>>フリーラインスケートの人気ランクをチェック

閉じたり開いたり

フリーラインスケートは最初のうちは手すりなどにつかまりつつ、閉じたり開いたりと言ったトレーニングをしましょう。最初のうちは何遍やっても左右非対称になり難しいかもしれませんが、何遍もトレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)していくうちに正しいポジションになります。

フリーラインスケートでは足を閉じたり開いたりするのが基本となります。外側に開く・内側に閉じるという動作を繰り返し行ないましょう。最初のうちはきちんと手すりなどにつかまりつつ、無事な場所でトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)を行なうことが重要なのです。フリーラインスケートを見なくても自然と足が正しい位置になるようにトレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)をしましょう。慣れてくると手すりを離すようにして、進む距離をちょっとづつ増やしつつトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)していきます。

基本動作をマスター

フリーラインスケートの基本動作をマスターしたら、次の段階へと進みましょう。足だけの基本動作と違って上半身を使った全身動作へと変わります。フリーラインスケートではダウンヒルを滑走する事も出来ます。

まず後ろ足を体の重心を中心に後ろ側に向けるようにします。後ろ足を後方に回しこむと右ターンし、後ろ足を前方から回しこむと左ターンします。上半身を使いつつ行なうことが重要となります。取り合えず膝をちょっと曲げるようにして、地上につけていた後ろ足のつま先で威力をつけて足を起こしスタートします。スタートしたらゆっくりと足の動きに合わせるように身体も回してみましょう。

フリーラインスケートでのスイング走行を行なう場合、足を正しいポジションに置く事が大事となります。最初は足を大きく広げてスピードをコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)しつつトレーニングしてみましょう。

品薄状態のショップ

フリーラインスケートは急激に人気(時には口コミで評判になることもあります)を上げているため、品薄状態のショップが多くなっているようです。各地に存在しているショップをいくつか紹介しますので、近くにお店がある人は足を運んで実際にフリーラインスケートをみてみてはいかがでしょう。

北海道では札幌市にショップがあるのでしょう。愛知県・岐阜県にはヒマラヤというショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)があります。静岡県にはBROSSurf&Sports、BOBBISHというショップがあります。SEE‘SSAPPORO、MOJANEといったお店があります。

東京都豊島区にはSIDEBYSIDE、中野区にはブランニューと言うフリーラインスケートのショップがあります。