古代米の人気

古代米健康食品として注目を集めているお米ですが、現在育成している農家はそれほど多くはありません。収穫量が少なく稲が倒れやすいのも理由ですが、急に人気が上がったので入手しにくい状況にあるというのが最大の理由です。それでも人気が高いのでスーパーや楽天等の通販で古代米を見かけるケースは増えると思います。

古代米は今後通販でも人気商品となるので、知識を蓄えて上手に購入していきましょう。まずは古代米の特徴ですが、古代米である黒米はカルシウムなどミネラルをとても多く含み、マンガンや亜鉛、銅など不足しがちな成分が多く含まれていますし、癌を抑制するなどの効果もありますので、平素偏った食事が多く栄養バランスが崩れているなと思っている人には、特に食べてもらいたい食品です。

古代米には多くの種類がありますので、趣向に合わせて選ぶといってもある程度どんな米なのか知っておくのが大切です。古代米のひとつである黒米は健康米とも呼ばれていますが、慢性的な疾患のある人、妊婦、病気回復期の人などに多く活用してもらいたいお米です。体を作っていく大事な時期でもあるお子様にも食べてもらいたい健康食です。健康保持のためにサプリメントなどを活用する人も多いようですが、まずは毎日口にするお米から体作りをしてみてはいかがでしょうか。

参考迄に今人気の高い古代米の一覧を紹介しておきますのでチェックしてみて下さい。

>>古代米の人気ランキングをチェック

ビタミンやミネラル

古代米はビタミンやミネラルを多く含み健康食品として知られてきていますが、稲穂は黒ではなく紫色に近い色をしています。古代米のひとつである黒米はビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)・マグネシウム・カルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)・鉄分・亜鉛などが多く含まれているのです。黒米は薬膳料理としても多く活用されるので、「薬米」という別名で呼ばれることもあるようです。黒米は炊くと赤飯のような色になるのが特色です。

黒米という名前が付いているでしょうねが、ふるくから大事に受け継がれてきた米で昔はお祝いの席や記念日によく食されていたようです。古代米は稲の背丈が2M近くにもなるため、風などの影響を受け倒れてしまうことが多く収穫量も多くありませんが、荒地でも育ち肥糧や農薬を必要としないのです。

古代米と呼ばれる米は大きく分けると赤米と黒米とに分かれます。黒米は濃い紫色をしているのが特徴の米の事をいい、「くろまい」や「くろこめ」と呼ばれていることでしょうね。中国では皇帝献上米として古くから大事にされてきたお米ですが、日本ではおはぎの基になったお米と考えられています。


古代米
古代米の食べ方
古代米の炊き方
大事なお米
黒米
健康保持に効果的
玄米のこともアドバイス
リンク
リンク集1

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード